ここから本文です

<ボクシング>「世界チャンプに」大森将平が公開練習

毎日新聞 4/13(木) 17:43配信

 ◇23日にWBOバンタム級タイトルマッチ

 世界ボクシング機構(WBO)バンタム級タイトルマッチ(23日・エディオンアリーナ大阪)で同級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)に挑戦する同級6位の大森将平(ウォズ)が13日、京都市内の所属ジムで練習を公開した。

 スピードのあるタパレスをイメージし、スーパーフライ級のフィリピン選手を相手に2ラウンドのスパーリング。接近戦ではガードを徹底し、少し離れた位置からボディーに左を打ち込むなど距離感を意識して取り組んだ。

 9日に世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級で王座を獲得した久保隼(真正)は南京都高(現・京都広学館高)の先輩。「良い刺激を受けた。京都出身の初世界チャンプは先を越されてしまったけれど、京都のジム所属で(男子)初の世界チャンプになる」と意気込んだ。【田中将隆】

最終更新:4/13(木) 19:33

毎日新聞