ここから本文です

<多摩動物公園>チーターの赤ちゃん公開 2月に誕生

毎日新聞 4/13(木) 18:29配信

 多摩動物公園(東京都日野市)で2月に誕生したチーターの赤ちゃん3頭が一般公開されている。2頭の雄はアイガーとジョラス、雌1頭はクラリスと名づけられ、大勢の観覧者に囲まれても物おじせず元気に遊んでいる。

 生後6カ月ほどは、背中にたてがみのような毛が生えている。飼育担当者は「アイガーはわんぱくで、クラリスと追いかけっこをする。ジョラスはちょっぴり臆病で、2頭より一歩下がって見ているタイプ」と話す。

 3頭は母乳を飲むこともあるが、母のシュパーブと同じ馬肉や鶏頭などを食べるなど、すくすく成長している。体重は今月5日の測定でいずれも約3キロ。生後2カ月で約3倍になったという。

 母子4頭を午前11時半~午後2時に公開している。天候や動物の体調などによっては中止する場合もある。【斉藤三奈子】

最終更新:4/13(木) 18:39

毎日新聞