ここから本文です

NHKの不当労働行為認定 「地域スタッフも労働者」

朝日新聞デジタル 4/13(木) 21:52配信

 NHKが、受信料の集金などを委託している地域スタッフは、団体交渉権がある労働組合法上の「労働者」なのか。その点が争われた訴訟で、東京地裁は13日、地域スタッフは労組法上の労働者だと判断し、NHKを敗訴とする判決を言い渡した。

 NHKは2015年、堺市の地域スタッフが加入する労働組合との団交を拒んだとして、中央労働委員会から不当労働行為と判断された。この判断に対し、NHKが取り消しを求めて国を訴えていた。

 判決は、地域スタッフについて「業務がNHKの相当強い管理下に置かれている」と指摘。「NHKの団交拒否に正当な理由がない」と判断した。

 NHK広報局は「判決の内容を精査し、今後の対応を検討します」とコメントした。(後藤遼太)

朝日新聞社

最終更新:4/13(木) 22:00

朝日新聞デジタル