ここから本文です

【オリックス】中島ああ~!3年ぶり7連勝がポロリ

スポーツ報知 4/13(木) 6:33配信

◆オリックス4―6ロッテ(12日・京セラド―ム大阪)

 3年ぶりの7連勝が、まさにこぼれ落ちた。オリックスは1回、先発の松葉が安打や四球で2死一、二塁のピンチを背負った。5番・パラデスの打球は三塁に転がると、小谷野が前進して一塁へ送球。ボールは一塁・中島のグラブに一度は収まったが、走者がベースを駆け抜ける直前にポロリ。その間に二塁走者が生還し「捕って逃げるか、そのままタッチするか迷った。捕ったつもりやったけどね…」と悔やんだ。ここまで5戦連続で先制して勝ち星を重ねてきたが、痛い失策で先制点を献上してしまった。

【写真】今季初安打の42歳井口

 これでリズムを乱した松葉は続く井上に適時打を許すと、死球、押し出し四球で3点目を与えた。4回1死一、三塁でも、二塁の西野がボールを後ろにそらすエラー。併殺に終わるはずが追加点を献上し、福良監督は「ミスが多すぎた。ミスが多いと勝てない」と、悔しさを押し殺すように振り返った。

 打線は見せ場をつくった。4回一、三塁から宮崎がスクイズを決めるなど、相手を2本上回る9安打。2014年6月以来の7連勝は逃したが、指揮官は「打つ方は粘りを見せた。明日からも続けていけたら」と前を向いた。(筒井 琴美)

最終更新:4/13(木) 12:38

スポーツ報知