ここから本文です

岸田氏、派閥再編議論に前向き=石破氏は一線画す―自民

時事通信 4/13(木) 16:21配信

 自民党岸田派会長の岸田文雄外相は13日、同派と麻生派や谷垣グループが結集する「大宏池会」構想などの派閥再編が取り沙汰されていることについて、「派閥は党の活力という点で意味があり、派閥のありようの議論は前向きに捉えていい。さまざまな派閥と協力について話し合うことはどんどんやるべきだ」と述べた。

 ただ、「今、具体的な話はない」とも語った。外務省で記者団の質問に答えた。

 一方、石破派を率いる石破茂前地方創生担当相は記者団に「政策そっちのけの数合わせは、幻滅することだ」と述べ、一線を画す姿勢を示した。 

最終更新:4/13(木) 16:21

時事通信