ここから本文です

民進都議、また離党=都連選対委員長ら2人

時事通信 4/13(木) 17:26配信

 7月2日投開票の東京都議選で民進党が公認を予定していた2人の都議が、同党を離党する意向を固めたことが13日、分かった。

 2人は民進党都連選挙対策委員長の石毛茂氏(西東京市)と、民進系会派の東京改革議員団団長代理の酒井大史氏(立川市)。同党からは既に都議3人が離党を届け出ている。

 酒井氏は取材に「長島さんと行動を共にするため準備している」と述べ、民進党に離党届を提出した長島昭久元防衛副大臣(衆院比例東京)に同調する考えを示した。石毛氏は、都議選に向け小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」との連携を目指すという。 

最終更新:4/13(木) 20:21

時事通信