ここから本文です

「モバイル×VR」でイノベーター層を開拓――「革命児」ZenFone ARが創る新世界

ITmedia Mobile 4/13(木) 20:09配信

 ASUS JAPANは4月13日、GoogleのAR(拡張現実)技術「Tango」とVR(仮想現実)技術「Daydream」の両方に対応するAndroidスマートフォン「ZenFone AR」を2017年夏に発売することを発表した。

【ZenFone ARの位置付け】

 ZenFone ARは、参考販売価格が8万2800円(メモリ6GB/ストレージ64GBモデル)または9万9800円(メモリ8GB/ストレージ128GBモデル)と、2~3万円台がボリュームゾーンといわれるSIMロックフリースマホ市場の中では高価格帯の機種。一体、どのようなスマホなのだろうか。

●日本のSIMロックフリースマホ市場に根付いた「ZenFone」

 ASUSは2014年11月、「ZenFone 5」を発売した。「UNLOCK THE FUTURE(未来を解き放つ)」というキャッチコピーを与えられたこの機種は、SIMロック端末が中心だった日本の携帯電話端末市場を文字通り「解き放つ」きっかけの1台となった。

 2015年5月には、「性能怪獣」というニックネームを持つ「ZenFone 2」を発売。この機種によって、日本のSIMロックフリースマホ市場におけるASUSの地位を確立したといっても過言ではない。ZenFone 2以降、同社はユーザーニーズに合わせた機種を多数投入するようになった。

 そして2016年10月、ZenFone 2の後継機種となる「ZenFone 3」を発売。「SIMロックフリースマートフォンは(イコール)『格安』ではないことを証明」(ASUS JAPAN マーケティング部長のCynthia Teng氏)したこの機種は、性能だけではなくデザイン面にも注力し、ベストセラー機種の1つとなった。

●ZenFone ARは「イノベーター」に向けた新機種

 ZenFoneシリーズは、メインストリームど真ん中の機種をベースに、その派生としてプレミアム・ハイエンド機種やエントリー機種をそろえる戦略をとっている。

 新しく登場するZenFone ARは、スペック的には「プレミアム・ハイエンド」の部類に入りそうな気もする。事実、スペックは非常に品薄だった「ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)」とほぼ同じだ。メモリ6GB/ストレージ64GBモデルについては、価格がほぼ同じZS570KLを買いそびれた人たちへの「救済機種」と見なすこともできる。

 しかし、ASUSはこの機種を「デジタル新時代を切り開くリードするイノベーター」(Teng氏)に向けた製品としている。世間一般にハイエンド機種を求める人よりも、評価が定まり切らないうちに新技術や新機能を受け入れる「イノベーター」に向けたモデルだという。

 今までリーチしきれていなかったイノベーター層の支持を集めるべく登場したZenFone。それが、このZenFone ARなのだ。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO」

●Tango対応でより「精度の高い」ARを実現

 ZenFone ARのアウトカメラは、通常のカメラ機能でも使うセンサー(ソニー製の「IMX318」)のほか、Tangoで利用する「深度カメラ」と「モーショントラッキングカメラ」も備えている。深度カメラは物体の位置関係を、モーショントラッキングカメラは物体の移動を検知する。

 Tango対応のアプリでは、3つのカメラをフル活用してより精度の高いAR表現を実現できる。例えば、ルームコーディネートアプリ「RoomCo AR」(リビングスタイル)をZenFone ARで使うと、専用マーカーを使わずに実寸大の家具を配置したり、現実の壁面や障害物を検出して衝突判定を行ったり、家具の3Dモデルの遮蔽(しゃへい)表現に対応したりと、Tango非対応機種よりも利便性が高まる。

●Daydream対応でより高品質なVR体験が可能(※)

 ZenFone ARは先述の通りDaydreamにも対応している。Daydream対応ヘッドセットを用意した上で、Daydream対応アプリを使えば、より品質の高いVR体験を味わえる。

 ただし、懸念材料もある。日本ではDaydream対応ヘッドセットがまだ販売されていないのだ。ZenFone ARと同時に対応ヘッドセットが登場すれば問題はないのだが……。

 なお、ZenFone ARのパッケージの一部は「組み立て式VRメガネ」となっている。Daydreamの世界に飛び込む前に、簡易ではあるがVR体験ができることは歓迎すべきだろう。

 従来のZenFoneシリーズとは異なり、ターゲットユーザーを大幅に絞った感のあるZenFone AR。TangoやDaydreamを使ってみたいユーザーにとってはとても魅力的な1台だ。

 発売予定時期が「2017年夏」と曖昧なことと、Daydream対応ゴーグルが日本ではまだ出ていないことが気がかりだが、まずはASUSのチャレンジ精神を評価したいと筆者は思う。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO」

最終更新:4/14(金) 13:03

ITmedia Mobile