ここから本文です

オリックス・山岡、初登板初勝利を飾れず

デイリースポーツ 4/13(木) 21:16配信

 「オリックス2-3ロッテ」(13日、京セラドーム大阪)

 オリックスのドラフト1位右腕・山岡泰輔投手=東京ガス=が、プロ初登板初先発を白星で飾ることはできなかった。

 六回までロッテ打線を無失点に抑え込んだが、1点リードの七回、細谷に逆転3ランを許し、結局6回0/3を5安打3失点で降板し、黒星を喫した。

 それでも中盤までは落ち着きを払っていた。初回に2死一、二塁のピンチを招いたが後続を断ち得点を許さず。二回以降も山岡は140キロ台後半の直球とスライダーなどの変化球で相手打線に的を絞らせず、三回から五回まで3イニングを3者凡退に抑えるなど安定感を見せた。

 打線は、T-岡田の先制ソロなどロッテの5安打を上回る9安打を放ち、九回には3安打を集めて1点差まで迫ったが、反撃も遅く山岡を援護できなかった。

最終更新:4/13(木) 21:31

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報