ここから本文です

広島が10連勝、代打・松山の同点弾から一気7点 巨人は4連敗

デイリースポーツ 4/13(木) 21:17配信

 「巨人5-11広島」(13日、東京ドーム)

 広島がカード3連勝で1分けを挟む連勝を10に伸ばした。2桁連勝は昨年の11連勝以来、2シーズン連続となった。初回に6連打で4点を先制し、その後に逆転を許したが、再びひっくり返した。

 4-5の九回に先頭の代打・松山が巨人・カミネロから右越えに1号ソロを放ち同点に追いつくと、その後も相手エラーなどを絡めて、丸の勝ち越し2点打、安部の適時打、石原の1号3ランでこの回7点を奪った。

 先発・大瀬良は7回8安打5失点。

 勝ち越し打の丸は、「みんながつなぐ意識を持ちながら粘り強くやれている。(松山の本塁打で)みんなが勇気をもらった。前の2人(田中、菊池)がしっかり仕事をし、僕も後ろに偉大な新井さんがいるのでつなごうと思った。自分たちの野球ができていると思う。(10連勝は)投手も打者も粘り強くやれている証拠だと思うが、まだまだ10試合ちょっとなので気を引き締めてやっていきたい」などとチームを代表して話した。

 巨人は4連敗。初回に4点を先制され、その裏にマギーの移籍後初となる1号2ランなどで3点を返した。三回には2死三塁からマギーの適時二塁打で同点。五回には阿部が勝ち越しの右前適時打を放ったが、九回に逆転された。

 先発・吉川光が二回途中で降板後、2番手・高木勇は七回まで追加点を許さなかったが、抑えのカミネロが崩れた。

最終更新:4/13(木) 21:35

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 6:10