ここから本文です

<静岡県警>不明の刑事部長と確認、自殺か 遺書見つからず

毎日新聞 4/13(木) 20:46配信

 静岡県警は13日、10日夜から行方不明だった伊藤博文刑事部長(58)の遺体を静岡市内の山中で発見したと発表した。県警は現場の状況などから自殺とみて調べている。

 県警などによると、遺体は13日午前8時50分ごろ、同市葵区池ケ谷の山林の農道から約20メートル離れた斜面で、タケノコ採りに来た男性が発見した。うつぶせに倒れていたというが、県警は遺体の詳しい状態を明らかにしていない。司法解剖を行い詳しい死因を調べる。

 伊藤部長は10日午後9時ごろ、妻と会話後に外出し、行方が分からなくなっていた。自宅と遺体発見現場は約2キロ離れており、財布や車は自宅に置いたままで、現場に歩いて向かったとみられる。県警は個人的な悩みを抱えていた可能性があるとみているが、遺書などは見つかっていないという。

 伊藤部長は赤いジャンパーに青いズボンを着用しており、外出時と同じ服装。家族から詳しく事情を聴く。

 伊藤部長は北海道出身。1977年採用で、少年課長や暴力団の取り締まりなどにあたる組織犯罪対策課長を歴任した。【早川夏穂、古川幸奈】

最終更新:4/13(木) 23:49

毎日新聞