ここから本文です

JR北海道、LCC利用者限定で道北エリアが4日間乗り放題の「きた北海道フリーパス」発売

Impress Watch 4/13(木) 17:47配信

 JR北海道(北海道旅客鉄道)は、LCC利用者向けに道北エリアのJRフリーパスを4月29日から発売する。対象のLCCはバニラエアとピーチ(Peach Aviation)。1万2500円で対象エリアが4日間乗り降り自由になる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 観光庁認定の広域観光周遊ルート「日本のてっぺん。きた北海道ルート。」の利用に最適なもので、バニラエアまたはピーチの搭乗券をみどりの窓口に提示することで購入できる(搭乗当日限定)。なお、同ルートは本日3つのモデルコースが発表されている。

 また、既設定の道東エリアのフリーパスも同日から発売する。

「バニラエアきた北海道フリーパス」「Peachきた北海道フリーパス」

販売条件:バニラエアまたはピーチの搭乗券(新千歳空港到着便)を提示 ※搭乗当日のみ
販売所:新千歳空港駅 みどりの窓口
効力:フリーエリア内の特急・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由
対象エリア:新千歳空港、南千歳、追分、小樽、札幌、白石、岩見沢、滝川、深川、旭川、美瑛、富良野、留萌、稚内
利用期間:2017年4月29日~10月3日
発売期間:2017年4月29日~9月30日
価格:大人1万2500円、子供6250円
有効期間:4日間

「バニラエアひがし北海道フリーパス」「Peachひがし北海道フリーパス」(既設定)

販売条件:バニラエアまたはピーチの搭乗券(新千歳空港到着便)を提示 ※搭乗当日のみ
販売所:新千歳空港駅 みどりの窓口
効力:フリーエリア内の特急・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由
対象エリア:新千歳空港、南千歳、追分、夕張、新夕張、新得、小樽、札幌、白石、岩見沢、滝川、旭川、美瑛、富良野、帯広、網走、知床斜里、川湯温泉、摩周、釧路湿原、釧路、東釧路、根室
利用期間:2017年4月29日~10月4日
発売期間:2017年4月29日~9月30日
価格:大人1万5500円、子供7750円
有効期間:5日間

トラベル Watch,編集部:松本俊哉

最終更新:4/14(金) 16:37

Impress Watch