ここから本文です

ヤクルト・鵜久森が今季2度目のサヨナラ打 真中監督「難しい場面で素晴らしい」

デイリースポーツ 4/13(木) 22:29配信

 「ヤクルト3-2中日」(13日、神宮球場)

 ヤクルト・鵜久森淳志外野手が今季2度目のサヨナラ打を放った。

 九回、2死三塁の好機に代打で登場。佐藤の2球目をはじき返し、三塁頭上を痛烈に破った。

 「何とか抜けてくれと思った。自分が決めるんだと強い気持ちだった」。連敗を6で止める値千金の一打となり、仲間から手荒い祝福を受けた。

 15年オフに日本ハムを戦力外となり、ヤクルトに加入した苦労人。2日のDeNA戦でも代打サヨナラ満塁本塁打を放っており、今やチームに欠かせない存在だ。

 切り札の活躍に、真中監督も「難しい場面で素晴らしい。簡単にはできない」と褒めたたえた。

最終更新:4/13(木) 22:34

デイリースポーツ