ここから本文です

真相究明と安全対策誓う=客船事故3年で大統領候補―韓国

時事通信 4/13(木) 19:47配信

 【ソウル時事】2014年4月16日に韓国南西部・珍島沖で起きた客船セウォル号の沈没事故から3年の節目を前に、ソウル中心部・光化門広場で13日、追悼式が行われた。

 最大野党「共に民主党」の大統領候補、文在寅前代表らが参加し、当選したら真相究明や安全対策に力を入れることを誓った。

 文氏は「国民の生命と安全を守ることに関し、私ほど確固とした意志を持ち、政策を遂行する準備を整えた候補はいない」とアピール。「(政権を担った場合)セウォル号の惨事の真相を必ず究明する。責任の所在や隠蔽(いんぺい)の試みを明らかにし、相応の措置を取ることが、生命を守る社会に向けた第一歩になる」と指摘した。

 文氏と支持率を競っている第2野党「国民の党」の安哲秀前共同代表も「セウォル号事故のような悲劇は繰り返されてはならない。生命が尊重され、安全が最優先される国をつくるため、全力を尽くす」と強調した。 

最終更新:4/13(木) 22:09

時事通信