ここから本文です

関税交渉、大枠合意できず=日中韓FTA―東京会合

時事通信 4/13(木) 21:00配信

 日本、中国、韓国の3カ国による自由貿易協定(FTA)締結交渉の首席代表会合が10日から13日まで東京都内で開かれた。関税をなくす品目の割合(自由化水準)など関税撤廃・削減交渉の大枠については、今回も合意できず閉幕した。

 今後本格化する関税交渉の前提となる「最低自由化水準」をめぐっては、高水準を求める日本に対し、中国が反発している。一方、知的財産権の保護や電子商取引などのルール分野では「一定の進展」(関係者)があったという。 

最終更新:4/13(木) 23:28

時事通信