ここから本文です

内山、今月中にも進退結論=渡辺会長「やるなら世界戦も」―ボクシング

時事通信 4/13(木) 21:47配信

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級前スーパー王者の内山高志(37)=ワタナベ=が、今月中にも進退の結論を出すことが13日、分かった。同日、本人と話し合った所属ジムの渡辺均会長が明らかにした。

 渡辺会長は、ジムのスタッフとして迎えるなど引退後の選択肢を提示。その上で、内山が現役続行を決断した場合は「内山はジムの功労者。やるなら世界戦でも何とかしてやろうと思う」と全面的に後押しする考えを示した。

 内山は昨年4月、ヘスレール・コラレス(パナマ)にKO負けして12度目の防衛に失敗。同年大みそかの再戦でも敗れた。以来、進退について態度を保留しているが、練習は続けている。自身の体力の衰えや年齢面を慎重に判断し、決断を下すとみられる。 

最終更新:4/13(木) 21:54

時事通信