ここから本文です

オリックスの山岡、痛恨の一球=プロ野球

時事通信 4/13(木) 21:48配信

 オリックスのドラフト1位新人、山岡が一発に泣いた。1点リードの七回無死二、三塁。細谷に3ランを浴び、「1点を守らなければという思いが強くなった」と痛恨の一球を悔やんだ。

 六回まで切れのある直球とスライダーがさえ、散発3安打無失点の好投。社会人ナンバーワンの即戦力右腕と期待される実力の一端をしっかりと見せた。福良監督は「上出来。真っすぐも走っていたし、良かったと思う」と合格点を与えた。

最終更新:4/13(木) 21:54

時事通信