ここから本文です

小高に憩いのカフェ NPO法人ほっと悠開設

福島民報 4/13(木) 10:07配信

 授産施設「Cafeほっと悠あゆみ」が5日、福島県南相馬市小高区関場にオープンした。小高区は昨年7月、東京電力福島第一原発事故に伴う大半の避難指示が解除された。運営するNPO法人ほっと悠理事長の村田純子さん(63)は「皆さんの集いの場になってほしい」と話している。 
 施設は原発事故前、障がい者就労支援センター「ほっと悠あゆみ」として運営していた。避難指示解除を機に再出発し、手作りのケーキやコーヒーを提供する。 
 初日から大勢の住民らが訪れ、談笑しながらケーキなどを味わった。村田さんは「多くの方々が訪れてくれて本当にうれしい。小高区で学校が再開したので、子どもたちにも来てほしい」と笑顔を見せていた。 
 営業時間は午前10時から午後3時まで。土・日曜日と祝日は休み。問い合わせは同施設 電話0244(26)5707へ。

福島民報社

最終更新:4/13(木) 13:30

福島民報