ここから本文です

【札幌】福森、古巣戦へ「成長をプレーで表す」

スポーツ報知 4/14(金) 8:02配信

 充電が完了したJ1北海道コンサドーレ札幌DF福森晃斗(24)が、万全の状態で古巣討ちに臨む。16日にホームで対戦する川崎Fは、2011年に福森がプロ生活をスタートさせたチーム。4年間を過ごしたクラブとの初対戦を3日後に控えた13日、「フロンターレには感謝しかないので。恩返しという意味でも、どれだけ成長したかをプレーで表さないと」。待ちこがれていた一戦へ、かける思いを口にした。

 1―0で勝った12日のルヴァン杯・清水戦には帯同しなかった。今季8試合目で初めてメンバー外となったぶん、札幌で体のケアに努めることができた。「体調は問題ない」。中3日続きで迎える川崎F戦、一呼吸置いてリフレッシュした福森がフル回転し、勝ち点3取りを狙う。

 前節のF東京戦(8日)では、CKからジュリーニョに「GKが出られないような速いボールを点で合わせ」、ヘディングでの得点を生んだ。福森は昨年の札幌ドームMVP。最も輝いた場所で迎える川崎F戦。「ゴールなり、アシストなり、得点に絡めるよう、まずはやるべき事を100%やること。その上で結果がついてくれば」。得意舞台で福森が輝きを放ち、リーグ戦で未勝利の難敵から初白星を挙げる原動力となる。(砂田 秀人)


 ◆
季節はずれの雪にスタッフ総出で雪かき 

 札幌が季節外れの雪に見舞われた。12日から13日にかけ、札幌市は4センチの雪が降った。宮の沢の練習場は白く覆われ、13日はスタッフが総出で一部を除雪し、ボール回しなどを行った。清水への出発前は積雪がなかっただけに、四方田修平監督(44)は「さすがに予想してなかった」と様変わりした光景に苦笑。14日は気温上昇が見込まれ、「溶ければ予定通りやれる」と指揮官は川崎F戦に支障がない事を強調した。

最終更新:4/14(金) 8:02

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合