ここから本文です

【ヤクルト】ブキャナン来日最多133球熱投!8回2失点で連敗止めた

スポーツ報知 4/13(木) 23:16配信

◆ヤクルト3―2中日(13日・神宮)

 ヤクルトの新外国人、デービッド・ブキャナン投手(27)が、来日最多となる133球の熱投。8回7安打2失点でまとめ、6連敗中だったチームの連敗ストップに大きく貢献した。

 2回に平田の2号ソロなどで2点を先制されたが、その後はカットボール、チェンジアップなどを低めに集めた。最速149キロと球威も十分。7回2死二塁ではビシエドを二直、8回2死三塁では代打・藤井を二ゴロに仕留め、終盤のピンチを乗り切った。「球に力もあったし、感じも悪くなかった。守備もしっかり守ってくれた」と笑みを浮かべた。

 この日は、9日に来日したアシュリー夫人(26)がバックネット裏で観戦。試合後には「すごく温かい気持ちになったし、彼のことを誇らしく思った」と褒められた。自身に勝ち星こそ付かなかったが「(試合中は)どこにいたか分からなかったけど、来ていたのは知っていたし、それだけで力になった。彼女は僕にとっての全てさ」とうれしそうだった。

最終更新:4/14(金) 0:24

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報