ここから本文です

【日本ハム】清水がプロ初適時打で初お立ち台!「積極的に打った」

スポーツ報知 4/14(金) 7:03配信

◆日本ハム3―2ソフトバンク(13日・札幌ド―ム)

 日本ハムの清水優心(ゆうし)捕手(20)が、13日のソフトバンク戦(札幌D)に「9番・捕手」で2試合連続スタメン起用され、攻守で躍動した。2回の好機で適時打を放ちプロ初打点をマークすると、守備でも計6投手をリードし、2戦連続の1点差勝利に貢献。チームは今季初めて連勝を飾った。

 外角ボールゾーンへ逃げていくスライダーを、最後はバットの先っぽで拾った。打球が左前に弾むと、清水は一塁ベース上で何度も両手をたたいた。1点リードで迎えた2回2死一、三塁。2試合連続スタメンマスクをかぶった3年目捕手が、プロ4安打目で初打点をマークした。「チャンスでつないでくれたので、積極的に打ちました」。初めて上がったお立ち台で笑みを浮かべた。

 チャンスを生かしている。前日(12日)の試合で、今季初めてスタメン起用されると、先発・加藤から計4投手をリードし、プロでは初めて1試合を守り抜いた。さらにこの日は計6投手をリードし、2戦連続1点差勝利に大きく貢献。「試合が終わった後は疲れも出たけど、起きた時は『今日も出たら結果を出そう』と思った。スタメンで勝てたことが一番うれしい」と安堵(あんど)した。

 これでチームは今季初の連勝を飾った。捕手陣には侍ジャパンの大野、経験豊富な市川がいる中で、存在感を示している。「(大野)奨太さん、市川さんは雲の上の存在で、まだ全然かなわないですけど、早く追いつけるように頑張りたい」。急成長を遂げる男が、チームに勢いをもたらしている。(後藤 亮太)

最終更新:4/19(水) 23:49

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/27(木) 4:40