ここから本文です

青山剛昌×末次由紀が対談 “百人一首”コラボイラストを描き下ろし

4/13(木) 12:00配信

オリコン

 劇場版シリーズ21作目にして、百人一首をテーマにした映画『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』。4月15日の公開を記念して、原作者の青山剛昌氏と、同じく百人一首をテーマにし、実写映画化もされた人気漫画『ちはやふる』の原作者・末次由紀氏の対談が実現。両作品の魅力を語るとともに、自作のキャラクターを1枚の紙に描いたコラボイラストを描き下ろし、その様子を収めた映像も披露された。

【動画】レアすぎる! “コナン”と“ちはやふる”コラボイラストのメイキング

 2人が会うのは今回で2回目だといい、和やかな雰囲気で対談が始まった。青山氏は「『ちはやふる』が好きだった」と打ち明け、末次氏も“コナン愛”をにじませる一幕も。お互いの作品について語った対談の模様を紹介する。

 まずは、お互いの作品の印象について、青山氏は「最新刊読みましたよ、面白かったです。詩暢ちゃんが良かった」と声を弾ませると、末次氏も「去年の映画『名探偵コナン 純黒の悪夢』を観て、すごく盛り上がっていたので新作も楽しいんだろうなって期待が高まっています。今回は予告編が流れたときから、私のファンの子たちもざわっとしていました。『コナンに百人一首? 先生大変ですよ』っていう報告がきて、楽しみにしていたら関わりの深い単語がいっぱい出ることになって。これは私しゃしゃり出ようって、スタンバイしていました」と、今回のコラボ実現を楽しんでいる様子。

 『ちはやふる』が好きだったこともあり、映画で“競技かるた”を絡めようと提案したという青山氏は「実写映画『ちはやふる』が公開した後だから、映画でかるたを扱ってもいいよね、コナンくんって思っていたら、その後また実写映画の続編があるんですよね。やばいって思いました(笑)。でも、これで競技かるたが盛り上がるといいですね」と相乗効果を期待した。

 2人とも人気作品の連載を抱えているだけに、末次氏は「最近ファンの子たちが優しくて、『先生無理しないでください。終わることが大事ですから、待ちますから』って言ってくれます」と明かすと、青山氏も「あるある」とうなずき、「『私は蘭ちゃんみたいに待っていますから』って言われたことがあって、それはうれしい。でも、厳しい人もいますよ。『そろそろ、あの方の正体をバラしてもいいんじゃない?』とか、『新一と蘭のチューが見たい』とか」と、裏側を話して盛り上がった。

 対談しながらイラスト制作はどんどん進み、江戸川コナン&大岡紅葉(青山作)、綾瀬千早&若宮詩暢(末次作)を1枚の上で共演させたイラストが完成。最後は、末次氏が「新作が楽しみです」、青山氏が「千早ちゃんと詩暢ちゃんのクイーン戦が楽しみなので、これからも頑張ってください」とエールを交換しあい、対談を終えた。

最終更新:4/13(木) 12:00
オリコン