ここから本文です

永瀬正敏、3年連続カンヌ参戦 日本人俳優として史上初「本当に感謝」

オリコン 4/13(木) 18:46配信

 河瀬直美監督の最新作『光』(5月27日公開)が13日、世界三大映画祭の1つ『第70回カンヌ国際映画祭』のコンペティション部門に出品が決定。主演の永瀬正敏は、『あん』(15年)、『PATERSON(原題)』(16年)に続き、出演作が3年連続でカンヌ映画祭の招待を受けることとなり、日本人俳優として初の快挙を達成した。

【写真】メガホンをとった河瀬直美監督

 同映画は、人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描くラブストーリー。河瀨監督にとっては『萌の朱雀』(97年)、『沙羅双樹』(03年)、『殯の森』(07年)、『朱花の月』(11年)、『2つ目の窓』(14年)、永瀬と初タッグを組んだ『あん』(15年)に続き7度目の出品となり、永瀬、ヒロインの水崎綾女と共に参加予定。

 選出決定を受けて、永瀬は「撮影でお世話になった視覚障害者の皆さんに心から感謝しています。また世界中で作られている数々の作品の中から『光』を選んでいただけたこと、本当に感謝しています」とコメント。「河瀨直美監督の思い、たくさんの方々の思いが詰まったこの作品を、世界の皆さんに観ていただけることが何よりうれしいです」と話している。

 初参戦となる水崎は「カンヌ国際映画祭なんて、自分とは別の世界だと思っていたので今回のノミネートに驚愕しております。映画祭自体も初めてなのですが、世界各国から来られるたくさんの方々にこの作品を観ていただける事がとてもうれしく思います」と喜び。

 共演の藤竜也も「直美さん、貴女の『光』に僕の魂がゆすられました。ゆすられた僕の魂が、喜びの涙を流しました。彼方にある『光』が私たちに希望を与えてくれるという意識を共有できました」とコメントを寄せ、河瀬監督は「映画は、『光』です。映画は、『魂』です。映画に魂を捧げたものとして、この映画『光』をこの世界に誕生させた、スタッフ、俳優のみんな、みんな、みんな、と、カンヌでの瞬間を分かち合えること、いま、とてもうれしい」と喜びをかみ締めている。

 受賞結果は最終日の現地時間5月28日に発表される。

最終更新:4/13(木) 22:10

オリコン