ここから本文です

ホンダ、新型EVとPHEVの兄弟車を同時発表【NYショー2017】

4/13(木) 0:30配信

オートックワン

ホンダは、2017年4月12日(現地時間)から始まった2017年ニューヨークオートショー(NYショー)で、PHEV(プラグインハイブリッド)の「CLARITY PLUG-IN HYBRID」(クラリティ プラグイン ハイブリッド)と、EV(電気自動車)の「CLARITY ELECTRIC」(クラリティ エレクトリック)を同時に発表した。

【画像】ホンダ クラリティ PHEV・EVの写真を見る

2016年3月に発表済みの市販FCV(燃料電池自動車)「CLARITY FUEL CELL」(クラリティ フューエル セル)とプラットフォームを共通化した、5人乗りミドルセダンという成り立ちが大きな特長となる。またPHEV、EV、燃料電池自動車(FCV)という3種類の電動パワートレインを同一のプラットフォームでラインナップする市販モデルも世界初の試みだ。

■EVモードで64キロ以上の走行可能なPHEV「クラリティ プラグイン ハイブリッド」

クラリティ プラグイン ハイブリッドは、17kWhのバッテリーを搭載。これまでのミドルサイズクラスのプラグイン ハイブリッドで最長となる40マイル(約64km)以上のEV走行を可能にする。バッテリーの満充電に掛かる時間は240ボルトで2.5時間。高効率の1.5リッターアトキンソンサイクルエンジンとの組み合わせにより、ガソリンと電気の総走行可能距離は330マイル(約531km)以上だという。

「ノーマル・ECON・スポーツ」の3種類の走行モードにより、燃費重視からレスポンス重視まで、好みに合ったモード選択が可能。さらに、バッテリーの充電を優先するHVモードを搭載し、3種類全ての走行モードと組み合せることが出来る。

クラリティ プラグイン ハイブリッドは2017年中に米国で販売を開始する。

■1充電で128km以上走行可能なEV「クラリティ エレクトリック」

クラリティ エレクトリックは、日々の通勤などで、EVならではのクリーンさと、セダンならではの上質で快適な広い室内空間の両方を求めるユーザー向けに、求めやすい価格で新しい価値を提供するモデルとして開発された。25.5kWhのバッテリーを搭載し、走行可能距離は80マイル(約128km)以上。満充電に掛かる時間は240ボルトで3時間強で、急速充電器使用時は30分で80%の充電が可能だ。なおクラリティ プラグイン ハイブリッド同様3種類の走行モードを搭載する。

クラリティ エレクトリックは2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始する予定となっている。

最終更新:4/13(木) 0:30
オートックワン