ここから本文です

【インディ500】戦略、エンジニア、チームメイト……アンドレッティ、アロンソのため最高の体制を用意

motorsport.com 日本版 4/13(木) 9:03配信

 今年のインディ500でフェルナンド・アロンソを走らせるアンドレッティ・オートスポートは、その参戦体制を明らかにした。

【動画】フェルナンド・アロンソとザク・ブラウン、インディ500参戦についてメッセージ

 アロンソの戦略面はマイケル・アンドレッティ自身が担当、レースエンジニアはチームのテクニカルディレクターであるエリック・ブレッツマンが務める。アンドレッティは2014年にライアン・ハンター-レイの戦略面を担い、勝利に導いた。また、ブレッツマンはスコット・ディクソンは2008年にインディ500を勝利した際のエンジニアを担当していた。

 アロンソはバーレーンGPを走った翌週、バーバー・モータースポーツ・パークで行われるインディカー第3戦の現場を訪れ、その後ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)でシュミレーターに乗るという。そして、インディアナポリスにあるアンドレッティ・オートスポートのレースショップにも訪れる予定だ。

 アンドレッティは、アロンソがすぐに速く走れるようになると期待している。

「良いことのひとつは、我々はルーキーをどう扱うのが良いか知っているということだ。そして、我々はフェルナンドをルーキーと考えなければならない」

 そうアンドレッティは語る。

「しかし、我々は彼がどれほどの才能を持っているか知っている。そして、チームメイトと共に走ることによって、彼はすぐにスピードアップすることになるだろう」

「次に、コースが混んだ状況で彼を走らせるだろう。そして彼が快適に走れると感じたら、そこから作業を始めることになる」

「大きなアドバンテージは、もし何か質問があれば、彼を助けることができるたくさんのチームメイトがいるということだ。4人のベテランドライバーは、彼を喜んで助けるだろう。そして彼らのやり方で、彼を助けるために最大の努力をするだろう」

「私はすべてのことを何も心配していない。それは、去年(アレクサンダー)ロッシと共にやったことだ。彼が経験した最初のオーバルレースはフェニックスだった。そしてその後、最初の高速オーバルであるインディ500に臨んだ。後は、皆さんが見たとおりの結果になったんだ(ロッシは初挑戦のインディ500で、見事優勝を果たしている)。だから、彼は争いの真っ只中に加わることができるだろうと、私は思っている」

 5月のインディアナポリスは雨の可能性もある。もし不測の事態が起きた場合について尋ねられたアンドレッティは、次のように語った。

「我々は、5月になる前に彼をクルマに乗せようとしている。我々は、まだそれに取り組んでいる。我々はそれが実現できるように対処しなければならない。私は、それ以上の時間を得ることをできないと思うし、天候がどうなったとしても、それに適応する。まあ、5月が”乾いた月”になることを祈ろうじゃないか」

 アンドレッティは、シミュレータをこなしたとしても、それは理想的な練習にはならないと考えている。

「オーバルのシミュレータには、少し注意しなければならない」

 そうアンドレッティは語った。

「それは実際に感じることとは、少し異なった感触を得ることになる。だから、彼にシミュレータをさせることについて、少し気にしている。次に彼と話す時、それを話すつもりだ」

David Malsher,

最終更新:4/13(木) 9:03

motorsport.com 日本版