ここから本文です

【日本ハム】中田13日に抹消…本人志願も治療を優先

スポーツ報知 4/13(木) 4:50配信

 右足内転筋の筋挫傷で、2試合続けて欠場している日本ハムの中田翔内野手(27)が13日に出場選手登録を抹消されることが12日、分かった。千葉・鎌ケ谷の2軍施設へ13日に移動し、14日からリハビリを開始する見込みだ。

【写真】大谷は左太もも裏肉離れに続いてインフルエンザに感染

 中田は9日のオリックス戦(京セラD)で右足付け根付近を痛めて途中交代。翌10日に札幌市内の病院でMRI(磁気共鳴画像)検査を受けていた。この日、中田は練習参加を志願したが、周囲がストップをかけ、上半身のトレーニングと治療に専念。試合後には「野球の動作はしてないんで、ああだこうだ言えないけど、問題ないです」と話したが、今後のスケジュールについては「(首脳陣と)いろいろ話しました。それはトレーナーの人に聞いてもらえれば」と明言を避けた。

 再発を防ぐための苦渋の決断だ。当初はアイシングや電気治療を続け、1軍に帯同しながら復帰を目指したが、大事を取る形で抹消することを決断した。福島チーフトレーナーは「本人は動きたいでしょうけど、中途半端な状態で動いて、また…というのが一番良くない」と説明。焦らせず、時間を与える側面もある。

 中田の故障での登録抹消は、左手小指の亀裂骨折による13年8月22日以来、4年ぶりとなる。左太もも裏を肉離れした大谷、右肘の張りを訴えた守護神・マーティンに次いで、ついに主砲までも戦線離脱。連敗は6で止めたが、しばらくは我慢の戦いが続く。

最終更新:4/13(木) 9:24

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/27(木) 6:45