ここから本文です

【バレー】久光製薬石井選手ら、神戸大学医学部附属病院を訪問 子供たちと笑顔でふれ合う

4/13(木) 12:00配信

バレーボールマガジン

 4月11日、V・プレミアリーグ久光製薬スプリングスの古藤千鶴選手、新鍋理沙選手、岩坂名奈選手、水田祐未選手、石井優希選手、野本梨佳選手が神戸大学医学部附属病院を訪問した。病院長との挨拶後、4 階南病棟(こどもセンター)を慰問。入院している子供たちとのふれあいの時間を楽しんだ。

こどもセンターでは、●石井選手、野本選手による模範プレー(アンダーパス・スパイク)、●ビーチボールを使用した全員でのパス、●じゃんけん大会(景品はサイン色紙)というレクリエーションと、子供たちからの質問に選手が答える質問タイムが行われた。

子供たちからの質問タイム

――大きくなるにはどうすればいいですか。

選手 いっぱい食べて、いっぱい寝ること!

――にがい薬を飲むのがつらいが、どうすれば飲めますか。(毎日頑張ってにがい薬を飲んでいる男の子より。今回も、朝頑張って薬を飲み、選手の訪問を待っていたとのこと)

選手 鼻をつまむ。好きなものと思う。オブラートに包む。

――運動神経がよくなるには。

選手 コツコツと練習して、磨いていくことが大事。

――強いメンタルをつくるには。

選手 物事の考え方で見え方がかわってくるので、明るく考える。
仲間を信じて、自分を信じて、やり抜く気持ちを持つこと。
できると思い続けることが大事。
目の前のことだけでなく、未来によいイメージをもつことが大事。
そのときを全力で後悔なく行うことで、自然とメンタルは保たれる。

訪問を終えて、選手たちに感想を聞いた

古藤 少ない時間だったが、子ども達の終始絶えない笑顔がみられ嬉しかった。子ども達とのふれあいの中で、「今日一日が少しでも子ども達の力となったら」と強く感じた。
エネルギーを子ども達からもらい、私達からも笑顔を届けられるように、さまざまな形で尽くしたいと感じた。

その他の感想 最初は戸惑いもあったが、レクレーションから始まり、子ども達・私達もとても楽しく、貴重な時間となった。私達にできることは、バレーボールを通して、まだまだたくさんあると思う。たくさんの方々を笑顔にし、元気を届けられるように、できることを見つけて、取り組んでいきたい。