ここから本文です

「2016年熊本地震」1周年…香港マカオからの支援に県知事と大使が感謝メッセージ

4/13(木) 14:20配信

マカオ新聞

 在香港日本国総領事館は4月13日、「2016年熊本地震」の発生から1周年を迎えるにあたり、香港及びマカオからの多大な支援に対して蒲島郁夫熊本県知事より感謝メッセージが届いたとし、松田邦紀駐香港大使兼総領事のメッセージと合わせて発表した。

 また、14日には同館が運営する中国語(繁体字)の公式フェイスブックページ(日本知多D)において、蒲島知事及びくまモンからの動画メッセージを公開するという。

蒲島知事からのメッセージ

香港・マカオの皆様

 昨年の4月に発生した熊本地震から、1年が経ちます。香港及びマカオの皆様には、6千万円を超える多額の寄付を始め、心のこもった多くの御支援を頂きました。県民を代表して心から感謝申し上げます。

 現在、熊本は復興に全力で取り組んでいます。世界的に有名な阿蘇へのアクセスルートも確保され、阿蘇の悠久の大自然をお楽しみいただけます。熊本県民の誇りである熊本城は、傷つきながらもその堂々としたたたずまいは健在です。

 改めて香港・マカオの皆様に、熊本県民の心からの感謝の気持ちをお伝えいたします。そして、運休中の航空路線が、復興のシンボルとして早期に再開し、復興する熊本の姿を皆様に見ていただきたいと思っています。おいしい食べ物、豊かな自然に県民のおもてなしの心を添えて、くまモンと一緒にお待ちしています。

熊本県知事 蒲島郁夫

松田大使からのメッセージ

 4月14日、「2016年熊本地震」から1周年を迎えました。地震発生直後より、香港及びマカオの多くの方々からお見舞いのお言葉や義援金の提供、チャリティー・イベントの開催等の温かいご支援をいただき深く感謝申し上げます。

 皆様からのご支援もあり、今年3月には九州新幹線が完全復旧する等、熊本そして九州の被災地は着実な復興を遂げています。香港・マカオの皆様にも、是非、訪れていただき、様々な困難を克服し、力強く発展を遂げようとしている地域の人々の姿、また美しく咲きほこる花々をはじめとする大自然をご覧いただければと思います。

 被災地に心を寄せていただきました香港・マカオの皆様に改めて心から感謝申し上げると共に、今後も引き続き応援いただきますようお願い申し上げます。

2017年4月
在香港日本国総領事館
大使兼総領事
松田邦紀

最終更新:4/13(木) 14:29
マカオ新聞