ここから本文です

LMEアルミ在庫、8年ぶり180万トン割れ

4/13(木) 6:01配信

鉄鋼新聞

 ロンドン金属取引所(LME)アルミ在庫の減少傾向が止まらない。足元の在庫量は178万8525トンと、前日から1万4千トン以上減少。08年11月下旬以来約8年4カ月ぶりに180万トン台を下回った。数度にわたり実施されたLMEの倉庫ルール改定が要因とみられるが、関係者筋からは需給バランスに強い影響を与えるまでにはまだ時間がかかるとの声も聞かれる。

 LMEアルミ在庫は08年9月のリーマンショック以降、急増。同年12月には200万トンを突破し、3カ月の間に80万トンも増えた。その後は500万トン超まで在庫を積み上げたが、12~15年にかけて在庫の搬出を促すためにルールを改定。今年2月以降は1日当たり1万4千トンペースで減少しており、年換算で約500万トンに相当する。
 一方、あるトレーダーは「在庫はLME指定外の倉庫に移されているとみられ、LMEの在庫減は織り込み済み。需給バランスから見れば依然として高水準にあると言える」と話す。

最終更新:4/13(木) 6:01
鉄鋼新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ