ここから本文です

職場でのお昼ごはんは「外食」と「お弁当」、どちらが多い?

4/13(木) 12:30配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。4月12日の「社会人意識調査」のテーマは「職場でのお昼ごはんは『外食』と『お弁当』、どちらが多いですか?」。はたして、その結果は……?

Q.お昼ごはんは外食・お弁当、どちらが多いですか?

外食  42.9%
お弁当 57.1%
(回答数:389票)

◆「外食」派の意見
「お昼ごはんは100%、外で食べます。内勤なので、1日中社内では気が滅入ってしまいます。リフレッシュするために必ず外に出るようにしてます。オフィス街はお財布に優しいランチ、おしゃれなランチが多くて助かります」
(東京都 26歳 女性 営業アシスタント)

「外回りの仕事で、ランチも日によっては16時になってしまうことから平日のランチは100%外食です。そんな私の最近の楽しみは、ランチパスポートのフル活用です。ランチパスポートという本があり、提示することでそれに掲載されている店舗の決まったメニューに限り、税込540円で楽しめるという仕組みです。元値が700円以上するメニューばかりなので本当嬉しいです。ランパス掲載の全店舗に行くことが、今の私の裏テーマになってます」
(埼玉県 28歳 女性 営業)

「私のサラメシは職場近くの定食屋のごはんです。私は食事のほぼすべてをそこで食べています。毎日行くので、顔見知りというか親と息子のような関係性になっています。もはやお袋の味にも似た感覚です。「これ食べな」と出してくれる小鉢がいつも変わるので、飽きることもありません。通い始めて6年目。間違いなく私の体を作ってくれているごはんです」
(神奈川県 32歳 男性 会社員)

◆「お弁当」派の意見
「今年から社会人になり、学生時代から引き続き母の作ってくれたお弁当を持って行っています。ですが、私が家を出る時間は6時半で、お弁当を作ってもらうとなると母の起床時間は5時半! 本当に、頭が上がりません。仕事に慣れてきたら自分で作るので、もうしばらくよろしくお願いいたします」
(神奈川県 18歳 女性 会社員)

「職場が住宅地のど真ん中にあって、外食したくてもできないから毎日お弁当持参です……。お昼の気分転換に外食出たい! 都会のオフィスに憧れます。お昼どきに外で打ち合わせなんかがあると、外食ランチができるのでテンションが上がります!!」
(神奈川県 28歳 女性 会社員)

「僕のサラメシは愛妻弁当です! 毎日、大きいおにぎり2つとおかず。クルマ仕事の僕のことを気遣って、おにぎりにしてくれてます。この場を借りて、ほんとにいつもありがとう!」
(神奈川県 25歳 男性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は、職場でのお昼ごはんは「外食」派が42.9%、「お弁当」派が57.1%と、意外にも「お弁当」派が過半数となりました。番組に寄せられた意見を見てみると、営業などの外回りが多い人は外食派だったり、クルマで営業をしている人は駐車場の関係でお弁当を持参したりと、同じ職種や業種でも違うランチ事情が垣間見られるのは非常に興味深いですよね。

【女性は「お弁当」派がほぼ7割】
男女別では、「外食」と答えた人の割合は男性が49.4%、女性が32.9%と、女性は圧倒的に「お弁当」派が多い模様。また、世代別では、「お弁当」派をおさえ「外食」派が過半数となった唯一の世代が50代で、その割合は64.9%でした。50代くらいにもなると、お金にも余裕ができて、ランチは贅沢に外食する人が多いのでしょうか。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年4月12日放送より)

最終更新:4/13(木) 12:30
TOKYO FM+