ここから本文です

セレーナ・ゴメス、ドラマ「13の理由」のキャストたちとお揃いのタトゥーを入れる

4/13(木) 21:00配信

ELLE ONLINE

ネットフリックスで配信中のドラマ「13の理由」は、セレーナ・ゴメスがエグゼクティブプロデューサーとして7年かけて完成させた作品としても注目を浴びている。ジェシカ役のアリーシャ・ボウとライアン役のトミー・ドーフマンとともに、セレーナが番組にちなんだタトゥーを手首に入れたことをインスタグラムで公開!

【写真】強く美しい女性に成長!セレーナ・ゴメスのドレスヒストリー

3人が選んだモチーフは、黒いセミコロン。 謎めいたモチーフだけれど、これはメンタルヘルスに対する意識の向上と自殺防止を訴えるシンボルマーク。このドラマは自殺をした高校生ハンナの死をめぐる真相が解き明かされるうちに、いじめや人間関係の確執など高校生活の実態が明るみに出てくるというストーリー。自身もいじめに苦しんだ経験があることを告白しているセレーナは本作で、いじめの撲滅を訴え、いじめを原因に自殺してしまう若者たちにメッセージを送りたかったそう。

ドラマの原作となった小説を読んだ7年前よりも「今の方がもっとハンナの気持ちに共感できる」というセレーナ。彼女の気持ちが詰まった力作ドラマ、まだの人はぜひチェックしてみて!
(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:4/13(木) 21:00
ELLE ONLINE