ここから本文です

【インディ500】バリチェロ「アロンソは“不測の事態を予測“すべき」

motorsport.com 日本版 4/13(木) 12:11配信

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、モナコGPを欠場してインディ500に出場することを発表した。これに対してインディカーへの出場経験を持つ元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロは、何が起こるかわからないレースに注意すべきだと話した。

【写真】2008年:ルノーに所属していたアロンソ(左)とホンダにいたバリチェロ(右)

 バリチェロはかつて、F1に322レース出場し11勝を挙げ、ランキング2位を2度獲得している。2011年にウイリアムズのシートを失った後は、2012年にKVレーシングからインディカーに出場した。

 インディカーではポディウムを獲得できなかったバリチェロだが、彼はライバルたちからの評判も非常に良く、ファンの人気も高かった。第96回のインディ500にも参戦したバリチェロは、キャリア初となる左コーナーのみのオーバルコースだったにもかかわらず、予選は10番手、決勝は11位でフィニッシュした。

 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が今年のインディ500に出場するというニュースについてバリチェロは、motorsport.comにこう話した。

「僕はオーバルで練習もできた。インディに来た時は、思いがけないこともあった。『不測の事態を予測する』というのは、僕にとって重要な言葉だ」

「インディアナポリスでは予期せぬことが起こることもある。とても長いレースだし、彼に(オーバルコースを)練習する時間があるといいね。トラック上では彼だけじゃなくて全員に、様々な状況で乱気流やトラフィックなどが起こる。でもそれはわかっていることだ」

 バリチェロは、アロンソがインディ500に出場するためにモナコGPを欠場すると初めて聞いた時、その話が本当かどうか信じられなかったと認めた。

「そのニュースを見た時は、信じられなかった!」

「彼は“どんな“レースも欠場したことなかったのに、モナコで欠場するなんて! でもこれは彼がホンダと共に下した選択だ」

 またバリチェロは、アロンソがアンドレッティ・オートスポートからインディ500に出場することを考えて、彼がレースで活躍することができるだろうと考えている。

「彼は素晴らしいドライバーだし、オーバルにもとてもうまく適応できるだろう」

「彼はとても良いチームからレースに出場する。マシンや仕事効率の面でも、いいことだと思う」

 2012年インディカーに参戦し、ランキング12位でシーズンを終えたバリチェロは、現在ブラジルででストックカーシリーズに参戦している。2014年にはタイトルを獲得し、昨シーズンはランキング2位だった。

David Malsher

最終更新:4/13(木) 15:56

motorsport.com 日本版