ここから本文です

浦和、FC東京戦へ軽いメニューで調整 ズラ「自信ついたまま進む」

4/13(木) 10:30配信

埼玉新聞

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグで上海上港に1―0で競り勝ち、F組首位に浮上した浦和は勝利から一夜明けた12日、大原サッカー場で16日のリーグ第7節、FC東京戦(14時・味スタ)へ向けて全体練習を再開した。

 40分間の軽いメニューをこなした。ボール回しに続いて、上海上港戦のスタメン組はフットワークを交えたランニング。それ以外の選手たちは、12分間のインターバル走で汗を流した。森脇はウオーキングのみ、関根、駒井、高木は別メニューで調整した。

 上海上港戦の白星を振り返り、前半44分にラファエルシルバの決勝点をアシストしたズラタンは「一丸で戦えて、この結果を生み出せたことはうれしかった」と笑顔。中4日で迎えるFC東京戦へ「正しい道に乗っている。自信のついたまま、チームとして進んでいきたい」と見据えていた。

最終更新:4/13(木) 19:21
埼玉新聞