ここから本文です

竹原ピストル、コワモテならではの誤解を否定「一度も怒鳴ったことない」

4/13(木) 18:07配信

トレンドニュース(GYAO)

歌手・ミュージシャン・俳優の竹原ピストルが、迫力ある風貌からすると少々意外な素顔を明かした。

チマタの噺 2017/4/11放送分>>

■「豪快な性格に見られがちで実は……」

竹原は、4月11日深夜放送のテレビ東京系トークバラエティ「チマタの噺」に出演。「『どーんとなんでも来い』の豪快な性格に見られがちで実は……」と切り出すと、「一升瓶でラッパ飲みしてそうなイメージを持たれがちなんですけど、実はワインバー巡りが好きで、アヒージョも大好き」と意外なお酒の趣味を明かした。

さらに「腹が立ったらウォー! と怒鳴りそうなイメージかもしれないですけど、今までボクシング以外で一度たりとも人を殴ったことはなく、怒鳴ったこともない」と告白。「怒鳴ってしかるべきことをされたぞ、というときにもギュッとこらえてしまうところが自分は好きじゃない」と語り、実際はかなりおとなしい性格をしているようだ。

■最新アルバムヒット中でブレーク迫る?

竹原は、昨年公開された映画『永い言い訳』における演技で「第90回キネマ旬報ベスト・テン」の助演男優賞を受賞。4月5日にリリースされたアルバム『PEACE OUT』は、4月17日付のオリコン週間CDアルバムランキングで5位にランクインするなど、ブレークへのステップを確実に上っている。

「チマタの噺」内では、アコースティックギター1本で生歌も披露。住友生命「1UP」CMソングに起用された「よー、そこの若いの」や、『PEACE OUT』収録の「Forever Young」を熱唱した。番組内では、年間約250本のペースで行うライブについて「今までの最高動員数は800人くらい」とも明かしていたが、その記録を超えるのは目前に迫っているのかもしれない。

(文/谷本美花@HEW)