ここから本文です

<市原ぞうの国>プーリーおめでた 来夏、第3子出産へ

4/13(木) 11:40配信

千葉日報オンライン

 千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」は、過去に2度の出産を経験しているアジアゾウ「プーリー」(26歳)の第3子妊娠が確認されたと発表した。お相手は、同じインドの国立公園で育った幼なじみ「テリー」(24歳)。出産時期は来年夏ごろとみられる。

 プーリーは同園の人気者「ゆめ花」(9歳)や「りり香」(3歳)の母親。別のアジアゾウに育児放棄された「結希」(2歳)への授乳を許し、世界的にも珍しい子育てをしたことでも知られる。

 同園によると、毎月の血液検査でホルモン値に変化が表れ、昨年末に妊娠がほぼ確定。ゾウの妊娠期間は20~22カ月と長く、現在は7カ月目ぐらい。性別は生まれるまで分からないという。

 同園は現在のプーリーについて「常に妊娠しているような体形なので、おなかの見た目は変わらない」と説明。今後に向けては「いつも通りの生活をさせて出産につなげたい」とし、新たな命の誕生に期待を寄せた。