ここから本文です

「新生活でかわいい子に出会った!」ベボベのアドバイスは?

4/13(木) 20:00配信

TOKYO FM+

Base Ball Bearが、4月11日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。4月12日リリースのニューアルバム『光源』の収録曲「すべては君のせいで」にある、「心が#(シャープ)していきます」という歌詞にちなみ、リスナーの“新生活にウキウキしている話”を聞いていきました。
今回電話をかけたのは、新高校1年生で15歳の男子リスナーです。

◇◇◇ ◇◇◇
とーやま校長「心が#な出来事とは何?」

リスナー「男子校なんですけど、通学の時に共学の高校の前を通るんです。そこの高校にかわいい子がいて、一目ぼれをしてしまいました」

とーやま校長「誰に似てるとかある?」

リスナー「はい。広瀬すずちゃんです」

とーやま校長「めっちゃかわいいじゃん!」

リスナー「連絡先が知りたくてその高校のホームページを調べたんですけど、情報がなくて(笑)。今度会った時に話しかけてみようかなと思っているんです」

堀之内(Dr,Cho)「勇者だね!」

リスナー「もし会ったら、どうやって話しかけたらいいんですかね?」

あしざわ教頭「どうですか?」

小出(Vo.Gt)「だから、そういうことがあったとしても声をかけられずにきたから、僕らは今ここにいるわけで……。声をかけてる側だったら、僕らはここにいないんですよ。だから、アドバイスはないです!」

あしざわ教頭「ウソだろ!?」

堀之内「僕は中学が男子校だったんですよ。その時の気持ちはなんとなくわかる。男子に囲まれて女子がいないから、目がいくんですよ」

小出「何を食ってもうまい!」

あしざわ教頭「表現が悪いよ(笑)」

堀之内「気持ちはわかるけど、俺もいけなかった人だから(笑)」

とーやま校長「関根先生は女子だから、この場合だと声をかけられる側じゃないですか。ベボベの広瀬すずこと関根史織としては、どうですか?」

関根(Ba,Cho)「ええー! 別の学校の男子に声かけられたことなんてないわー。変なおっさんに声をかけられることはあったけど(笑)」

堀之内「それは、今いらないから!」

あしざわ教頭「それは違う!(笑)」

堀之内「でもね、言いたいんだったら、タイミング的には今じゃない? 新学期とか新生活が始まったタイミングぐらいじゃないと、いきなりは言えないと思う」

小出「このどさくさでね」

関根「そうだね。向こうは共学なわけだしね。だってかわいいんでしょ?」

小出「広瀬すずさんだもんね」

とーやま校長「文化祭とか、交流のあるイベントまで我慢してみるっていうのも考えたけど、たしかに今なら勢いがあるからね」

あしざわ教頭「ちなみに、自分のプランでは何て声をかけようと思ってたの?」

リスナー「特に考えてないですけど、“おはよ!”って言って、“かわいいね”って……」

あしざわ教頭「ダメだ(笑)」

堀之内「ちょっとヤバい!!」

小出「ニヒニヒしながら声かけちゃダメだからね」

堀之内「清々しい感じでね(笑)。でも玉砕するのも心配しないでいいと思う。男子校ってそういうもんだと思うから。俺はだいぶこじらせてたからね。小学校の時好きだった子に告白したかったけど、こじらせすぎて中学3年生の時にいきなりラブレターを送っちゃったの。でもいろいろ遅いじゃん? お互い知らない3年間があって、もちろんフラレるわけですよ。俺は遅かったことをちょっと後悔してるから、いくんだったらこのタイミングですよ」

とーやま校長「もし今いって、印象がよくない場合もある。でもそこから挽回とか、ポイントを積み上げるチャンスとか時間はあるよね」

堀之内「だってまだ1年生なんだからね。相手は何年生かわからないわけですよね? そこはいってみなきゃ! いけばわかるさ!」

リスナー「はい!」

堀之内「元気があれば、何でもできる! お前が行けばそこが道になる! まだまだ行けよ、行けばわかるさ! 行くぞ!! 1・2・3、ダァーーーーー!!」

リスナー「ダァーーー!!」

小出「出た!」

あしざわ教頭「言った(笑)」

とーやま校長「じゃあ、がんばれな!」

リスナー「ありがとうございます!」

最終更新:4/13(木) 20:00
TOKYO FM+