ここから本文です

インフィニティ Q50(スカイライン)がマイナーチェンジ/発売は2017年4月~6月頃【NYショー2017】

4/13(木) 16:20配信

オートックワン

2018年新型Q50(スカイライン)の変更点

日産の高級車部門、インフィニティは、2017年ジュネーブモーターショーで発表されたINFINITI Q50(日本名=日産 スカイライン)の2018年モデルを、4月12日より始まったニューヨーク国際モーターショーで北米初公開した。

新型 日産 スカイラインの生まれ変わった内外装を画像でチェック

Q50(スカイライン)は、インフィニティブランドの中で最も販売台数が多く、2016年には世界で約23万台を売り上げた。マイナーチェンジ版である2018年モデルのQ50(スカイライン)は、2017年4月~6月の間に世界で販売が開始される予定となっている(北米では2017年夏後半)。

今回のマイナーチェンジでは、Q50(スカイライン)のデザインが大きく変更された。

グレード構成を「Pure」「Luxe」「Sport」と「Red Sport 400」の4タイプに設定。中でもSportとRed Sport 400の2つのスポーツグレードについては、特にスポーティな装いが与えられた。またRed Sport 400については内装についても同様にスポーティさを増し、赤いステッチやキルティング加工などでプレミアムスポーツセダンらしい仕立てとした。

さらに先進安全装備についてもさらに改良が加えられ、インフィニティとしては初の「プロパイロット」の名称が与えられる。

パワートレインは、V6 3.5リッターハイブリッド(システム出力360馬力)、直4 2リッター 直噴ターボ(208馬力)、さらに3リッターV6ツインターボ(”Red Sport 400”の400馬力版と300馬力版)の4種類が採用され、駆動方式はFR(後輪駆動)と4WD(四輪駆動)の設定が用意される。

日本版”スカイライン”のマイナーチェンジも2017年4月中に発表か!?

なお日本仕様”日産 スカイライン”のマイナーチェンジ情報については、今のところ明らかにされていない。

ただし2017年4月は「スカイライン」がデビューしてから60周年を迎える節目のタイミング。ここに合わせて正式発表してくるのではないかと期待したい。こちらについても最新情報が入り次第、随時紹介していく予定だ。

最終更新:4/13(木) 16:20
オートックワン