ここから本文です

広島、菊池本塁突入でリプレー検証 アウト→セーフで先制&一挙4得点

Full-Count 4/13(木) 18:22配信

G立岡好返球も判定覆る

 広島が13日、東京ドームで行われた巨人戦の初回にリプレー検証から先制点を奪取した。その後、打線がつながり、打者一巡の猛攻で初回4点を奪った。

 1死一、二塁から4番・新井がセンター前ヒット。二塁走者の菊池が一気に本塁を狙ったが、センターの立岡がワンバウンドでストライク返球を見せ、アウトの判定が下された。しかし、微妙なタイミングだったため、リプレー検証に。結果、セーフへと覆った。

 これで一気に流れを引き寄せた広島はその後、さらに鈴木、エルドレッド、小窪とタイムリーを放ち、3点を追加。この回、一挙4点を挙げた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/13(木) 18:36

Full-Count