ここから本文です

北朝鮮・平壌市内で祝賀イベント準備進む

ホウドウキョク 4/13(木) 8:57配信

北朝鮮をめぐる情勢が緊迫する中、最大の記念日を目前に控えた平壌(ピョンヤン)市内では、祝賀イベントの準備に励む市民らの姿が見られた。
金日成(キム・イルソン)広場では、多くの市民が参加し、行進の練習などを行っていた。
その大きな声が、1kmほど離れた場所まで聞こえていた。
金日成主席生誕から105周年を祝う行事を15日に控え、平壌市内では、市民らがパレードの練習をする様子が見られたほか、道路沿いには北朝鮮の旗が飾られ、祝賀ムードが演出されていた。
祝賀行事を前に、海外メディアの取材を許可することで、金日成主席の孫である金正恩(キム・ジョンウン)委員長の体制は、盤石だとアピールする狙いもあるとみられる。

最終更新:4/13(木) 8:57

ホウドウキョク