ここから本文です

A.B.C-Z塚田、黒川智花に怯える

Lmaga.jp 4/13(木) 19:00配信

抜群の身体能力と屈託のないキャラで人気の「A.B.C-Z」の塚田僚一が、競馬場を舞台にしたコメディ『サクラパパオー』で舞台初主演。塚田とその相手役を務める女優・黒川智花が12日、大阪市内で会見をおこなった。

【写真】木村拓哉も驚く役作りで撮影に挑んだ杉咲花

同作は人気コメディ劇団・ラッパ屋の代表作。会見で2人は、「それぞれ(の役者)が芝居を楽しんでいるのと、(劇中の)キャラクターが競馬を楽しんでいることが、すごくマッチングしています。とてもいい空気感でお客さまを包み込む、最高のパワースポットみたいな舞台になりそう」(塚田)、「(演出家の)中屋敷さんには『大人がはしゃげる遊園地をテーマに』と言われています。塚田さんはバク転がキレイだし、ちょっと歩く姿も軽やか。私も負けないよう、全身を使って表現できたらと思います」(黒川)と、意気込みを語った。

塚田が演じる会社員・田原は、競馬や酒を愛する男。黒川演じる婚約者の今日子がその本性に初めて気づき、2人の関係が急速に変化するのが一つの見どころだ。塚田は、「実はこういう、女性には理解されないけど、自分が好きなことを貫き通す男性に憧れがあります。ただ、黒川さんはケンカのシーンで気迫があって、(塚田が)何回も台詞を飛ばしてしまうんです。人間って怒られたら『はい』としか言えなくなっちゃうんだと(笑)」と稽古の様子を話した。

黒川が、「私が爆発すればするほど、中屋敷さんが嬉しそうで(笑)。黒川智花を壊したいという熱意を感じるので、さらに暴れまくろうかな」と話すと、「・・・あれ以上怒るの?」と恐る恐る尋ねる塚田に会見場は笑いに包まれた。

塚田が「大阪は最後(の公演地)なので、いい状態になってると思います」という大阪公演は、5月25日・26日に「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)にて。チケットは9000円、各プレイガイドで発売中。

取材・文・写真/吉永美和子

最終更新:4/13(木) 19:00

Lmaga.jp