ここから本文です

小室哲哉が「GetWild」曲かぶり騒動に言及「スタッフが調子に乗って……」

4/13(木) 17:40配信

E-TALENTBANK

13日に音楽プロデューサーの小室哲哉が自身のTwitterで、TM NETWORKがリリースした新アルバム「GET WILD SONG MAFIA」での収録ミスについて言及した。
同アルバムはTM NETWORKの名曲「Get Wild」リリース30周年を記念し、歴代レーベルの枠を超えて、さまざまなバージョンの「Get Wild」を36曲収録するというものだったが、先日収録曲の中に同じ曲が2曲収録される不備が発覚。公式ホームページでは謝罪文を掲載し、良品ディスクへの交換を受け付けている。

小室はTwitterでAmazonの「ミュージックの売れ筋ランキング」のページの画像キャプチャを掲載した。1位は「GET WILD SONG MAFIA」となっており、小室は「災い転じて福来る ご迷惑、おかけしまたが GetWildでGWもよろしくお願いします」とコメントを添えた。

これにネットでは「災いなしの福盛りだくさんでした」「ファンが修正版をもう一枚買う『追いゲワイ』が流行ってるらしいですねw」「getwildとGWがかかってる。上手い」と、小室への好意的なコメントが並んでいた。

さらに小室は「スタッフが調子に乗ってギネスで何か狙えないか考えてます」とツイートしたが「個人的にはスタッフのミスの数の記録」と釘を刺すことも忘れず、これには「その珍記録は… 楽しいです」「記録より思い出になってますねww笑」「失敗は成功のもとっていう事ですかね」という反応が寄せられている。

株式会社イータレントバンク

最終更新:4/13(木) 17:40
E-TALENTBANK