ここから本文です

根っからのアイドル? 自らカメラに近づき… 沖縄の在来馬「ヨナグニウマ」の赤ちゃん

4/13(木) 6:10配信

沖縄タイムス

 沖縄市の沖縄こどもの国は12日、ヨナグニウマの赤ちゃんを報道陣に公開した。同園飼育担当の山本暁(あきら)さん(32)は「すくすく健康に育ってほしい。みんなから愛されるウマになって」と目を細めた。

 赤ちゃんウマは10日午後2時、父どぅなんと母なびぃから誕生。性別は雌で体長83センチ、体重18・2キロ。すでに柵で囲まれた広場を元気に駆け回っていた。時折、報道陣のカメラに自ら近づき、シャッターチャンスをくれる大サービスもあった。

 同園でヨナグニウマ誕生は2015年1月以来2回目。沖縄の伝統競馬「ンマハラシー」に出場するまでには約2年かかるという。名前は今後、来場者から募集する。

最終更新:4/13(木) 6:10
沖縄タイムス