ここから本文です

世界的ダンサーと吉本興業のダンス学校始動 沖縄出身19歳もブロードウェーへ第一歩

沖縄タイムス 4/13(木) 12:45配信

 世界的に著名なダンサー、ヒントン・バトルさんがプロデュースするダンス・アカデミー「HBDA」の開校式が11日、東京都内であった。全国約400人の応募から勝ち残った1期生28人が入校。運営する吉本興業のタレントが盛り上げる中、沖縄県内から唯一選ばれた小林祐佳さん(19)=嘉手納町出身=も初レッスンで踊りを披露し、米ニューヨークのブロードウェーに立つ夢の第一歩を踏み出した。

この記事の他の写真・図を見る

 開校式に続き、初日からヒップホップやモダンなど約6時間半のレッスンを受けた小林さん。「めっちゃきつかったけど、振り付けやリズムの乗り方など全部が刺激的で、ただ単に楽しかった」と話した。バレエとタップを含めた4種類のダンスを最長3年間、無料で学ぶ。

 バトルさんは、米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞を3度受賞した経歴を持つ。吉本興業の大﨑洋社長は開校式で、30年前にバトルさんと初めて会った時の感動を語った。バトルさんは「学んできた全てを皆さんに教えます。きっと世界に通用する次世代のダンサーになる」と、28人に大きな期待を寄せた。

 司会はお笑いタレントの藤井隆さんら。HBDAへの入学がかなわなかったという、ゆりやんレトリィバァさんも飛び入り参加して盛り上げた。

最終更新:4/14(金) 11:10

沖縄タイムス