ここから本文です

ヤクルト・鵜久森がサヨナラ打!真中監督「簡単にできることではない」

4/13(木) 21:25配信

ベースボールキング

○ ヤクルト 3x - 2 中日 ●
<2回戦 神宮>

 ヤクルトが鵜久森淳志のタイムリーでサヨナラ勝ちし、連敗を6で止めた。

 打線は2点を追う3回に山崎晃大朗のタイムリー二塁打で1点差にすると、6回に畠山和洋のソロで同点に追いついた。

 先発・ブキャナンは2回に平田良介のソロなどで2点を失ったが、3回以降は粘りのピッチングで8回を2失点に抑える。

 2-2のまま試合は9回へ。ヤクルトは先頭の雄平がレフト前ヒット、続く中村悠平の犠打で得点圏に走者を進める。二死後、代打で出場した鵜久森が中日・3番手の佐藤優からレフト前ヒットで三塁走者の雄平がサヨナラのホームを踏んだ。

 真中満監督は、「ブキャナンが苦しい中、頑張ってくれていた。鵜久森はなかなか難しい場面で、簡単にできることではない。ずっと連敗中にピッチャーが頑張っていたけど、勝ちが拾えなかった。これで勢いに乗ってもらえたらいい」と満足げに話していた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 14:05