ここから本文です

川崎のDF谷口彰悟、前半は狙い通りも「勝ち切れなかった」

SOCCER KING 4/13(木) 0:20配信

 前半は狙い通りに抑えた。だからこそ、DF谷口彰悟は「勝ち切れなかった」という気持ちが強いと振り返る。川崎フロンターレは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第4節で広州恒大と対戦。スコアレスドローで勝ち点1を分け合った。

 キックオフ直前、等々力陸上競技場は突然の雨に打たれた。ピッチには強い風が吹きつけ、フェリペ・スコラーリ監督が「前半から優位に立てるよう、風の影響を考えてチェンジした」と、試合前のコイントスで陣地を変更するほどだった。

 谷口が「ピッチが濡れていて、ボールが足についていない感じがした。トラップや球際を狙われていた」と語るように、前半はパスミスも多く、なかなかリズムを作り出すことができない。それでもセンターバックでコンビを組んだDF奈良竜樹と「チャレンジ&カバーを徹底的にやろう」と話しながら、落ち着いた守りで前半をゼロに抑えた。

「後半は足が止まってくると予想していて、こちらが押し込む時間帯もあった。そこまでは予想通りだったんですけど、ゴールが遠かったですね」

 後半はチャンスを作りながら、最後までゴールを決めきれず。勝ち点1を手にした川崎はグループステージ突破に望みをつないだが、開幕から4戦連続で引き分け。次節、25日に行われるアウェイでの水原三星戦で勝ち点3を奪いに行く。

SOCCER KING

最終更新:4/13(木) 0:20

SOCCER KING