ここから本文です

広島大瀬良7回5失点で降板、初回の4点援護守れず

日刊スポーツ 4/13(木) 23:05配信

<巨人5-11広島>◇13日◇東京ドーム

 先発した広島大瀬良大地投手(25)が7回5失点で降板した。

【写真】広島丸V2点適時打

 1回に4点の援護点をもらいながら、1回に3点を失うと、3回には同点に追い付かれ、5回に勝ち越された。失点はいずれも2死から取られたものだった。

 4点先取した直後の1回裏。簡単に2死としながら、坂本に中前打を許すと、阿部には右翼線への適時二塁打を浴びて失点。続くマギーには内角を狙った球が外角に甘く入り、右翼席に運ばれた。

 3回も2死三塁から再びマギーに内角に投げきれずに中堅前にはじき返され、同点。5回2死二塁は、試合前に「阿部さんがポイントで打っているので、しっかり自分の球を投げたい」と警戒していた阿部にこの日2打点目となる適時打を浴びて勝ち越し点を許した。

最終更新:4/13(木) 23:15

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/27(木) 16:00