ここから本文です

東京都、平成29年度オリパラ教育アワード校・パラリンピック競技応援校を決定

4/14(金) 11:15配信

リセマム

 東京都教育委員会は4月13日、平成29年度のオリンピック・パラリンピック教育アワード顕彰校136校とパラリンピック競技応援指定校10校を決定した。顕彰校は今後、それぞれ指定された「5つの資質」育成に取り組む。

平成29年度オリンピック・パラリンピック教育アワード校【中学校・高校・特別学校】

 平成28年度に優れたオリンピック・パラリンピック教育を行ったとして顕彰されたのは、都内の幼稚園2園、小学校83校、中学校34校、義務教育学校1校、高等学校7校、養護学校1校、特別支援学校8校の計136校。

 オリンピック・パラリンピック教育アワード校は平成29年度の期間、東京都が各校で指定する「重点的に育成すべき5つの資質」について、より育成を充実させる取組みを行う。

 「重点的に育成すべき5つの資質」とは、ボランティアマインド(取組み実施校25校)、障害者理解(同46校)、スポーツ志向(同20校)、日本人としての自覚と誇り(同17校)、豊かな国際感覚(同28校)。取組みの成果は東京都教育委員会の承認などを経て、他校や他県に紹介される。

 また、平成29年度パラリンピック競技応援校に指定されたのは、小学校6校と中学校4校の計10校。

 指定校は、シッティングバレーボール、ブラインドサッカー、ボッチャ、ゴールボール、車椅子バスケットボール、ウィルチェアーラグビー、車いすフェンシングから選択したパラリンピック競技について、競技団体と連携して観戦や体験をする。競技大会での運営ボランティアにも取り組み、障害者スポーツに対する興味や関心の向上、理解の促進を図るとともに、取組成果を他校へ普及・啓発する。

《リセマム 勝田綾》

最終更新:4/14(金) 11:15
リセマム