ここから本文です

海野レフェリーの次男・海野翔太が黒星デビュー「力不足が見えた」

4/14(金) 0:03配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本ライオンズゲート」(13日、新宿FACE)

 レッドシューズ海野レフェリーの次男・海野翔太(19)が、父が裁く試合でデビューした。

【写真】阿修羅・原さんの追悼セレモニーで遺影を抱く海野レフェリー

 野球歴10年、183センチ、93キロの引き締まった肉体で技巧派のTAKAみちのくに挑んだ。父が慕った天龍源一郎式のダイビングエルボーも繰り出したが、顔面締めにギブアップ。黒星デビューに「力不足が見えた。ただ、どんなに実力が違っても絶対にあきらめない気持ちを大切にしたい」と前を向いた。