ここから本文です

【RIZIN】浅倉カンナと対戦するトンシェバ、自ら脱いで腹筋アピール

イーファイト 4/14(金) 11:59配信

 4月16日(日)横浜アリーナにて開催の『RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-』に出場する、全選手のインタビューが14日(金)都内で行われた。

【フォト】さらに腹筋が凄いトンシェバの全身写真

 第2試合で、高校を卒業したばかりの浅倉カンナ(パラエストラ松戸)と対戦するアレクサンドラ・トンシェバ(ブルガリア)は、「初来日です。本当にワクワクしています。トレーニングを終えて寝ていた時に(出場の)連絡を受け取りました。驚きと喜びですね」と、RIZIN初参戦に興奮を隠しきれない。

 バックボーンの合気道は8歳から12年間学び、「ボクシングやレスリング、柔術からMMAに転向する人が多いので、合気道から入るのは確かにユニークだと思う。MMAは忍耐強さが求められるけれど、私は合気道をやってきたことで、MMAに必要な不屈の精神を培えたんだと思います」と、合気道で精神力を鍛えたという。ただし、スタイル的には「打撃も寝技も両方とも出来ますよ」と、合気道の技にこだわっているだけではないようだ。

 対戦する浅倉については、「タフだし、手強い相手です。良いレスラーだとも思います。でも、弱点もあるので、そこを突いていきたいと思います」と浅倉の弱点を突いていくと語った。

最終更新:4/15(土) 10:24

イーファイト