ここから本文です

旬満載の御膳堪能 氷見三昧満喫バスツアー

4/14(金) 9:12配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 氷見市のさまざまな魅力に触れる「氷見三昧(ざんまい)満喫バスツアー春編」が13日、同市内で行われた。参加者93人は、地元の旬の食材を盛り込んだ「氷見三昧御膳」や入浴、観光スポット巡りなど盛りだくさんの企画を楽しんだ。

 昨年10月に続き2回目。一行は午前に、氷見市出身の漫画家、藤子不二雄(A)さんの作品を展示している「潮風ギャラリー」をはじめ、藤子(A)さんの生家の光禅寺、昭和の民家や駄菓子屋の雰囲気を再現した氷見昭和館を訪れた。

 昼食の氷見三昧御膳は、「ひみのはな」「灘浦荘」「ラ・セリオール」「げんろく」「あお」の五つの旅館、民宿が、ツアー限定の特別メニューを用意。灘浦荘では、ホタルイカの沖漬けやシロエビの揚げ出し、氷見うどん、ワカメしゃぶなど8品が出された。

 前回に続き参加した日又節子さん(67)=富山市稲荷元町=は「氷見昭和館で懐かしい歌を聞くことができて楽しかった。食事も豪華で満足」と笑顔を見せた。

 午後は、ひみ番屋街で買い物や総湯での入浴、ファーム中田でイチゴ狩りを楽しんだ。参加者には、氷見はとむぎ茶や氷見の景色をデザインしたコースターが贈られた。

 バスツアーは北日本新聞開発センター主催。