ここから本文です

<動画>菅田将暉「感無量」初の主演男優賞受賞に大喜び 「日プロ大賞」で

4/14(金) 12:09配信

まんたんウェブ

MANTAN

 俳優の菅田将暉さんが「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」(日プロ大賞)の主演男優賞を受賞し4月13日、東京都内で行われた授賞式に出席。映画「セトウツミ」(大森立嗣監督)、「溺れるナイフ」(山戸結希監督)での演技が評価され、自身初の主演男優賞となった菅田さんは「光栄です。初めて主演男優賞をいただいたんですけれど、その作品が金髪の高校生と、黒髪の高校生という両極端の高校生。もうすぐ高校生役をできなくなりそうな僕ですけれど、今のうちにちゃんと学生服を着て、賞が取れてうれしいです」といい、「必死に地道にワンカットワンカット大切にやってよかったな。ありがたい賞をいただけて感無量です」と喜びをにじませた。

【動画】小松菜奈、金髪の菅田将暉とキス寸前&2人乗り絶叫

 初の主演男優賞について、菅田さんは「別格に重い。数でいうと助演男優賞の方がとるのが難しいと思いますが、まず主演を張る、真ん中でお客さんの前に立つというのがすごいこと。さらに賞をいただけるのは想像していなかった。驚きの喜びです」と話した。今後について聞かれると「どうなっていくんですかね。先のことは分からないですが、一日のお芝居をするという日々は変わらないと思う。外からいろんな人に何を言われようと、僕のお仕事は、芝居をするということ。そこさえぶれなければどうなっても面白いと思っています」と語った。

 会場には、映画「セトウツミ」の大森監督が花束を持って祝福にかけつけた。大森監督はファンの声援を受ける菅田さんに「菅田くんってすごいね。びっくりした」と声をかけ、「とにかく勘がいい。演技をやって『これ違いますね』って自分で修正する能力がある。主演男優賞にぴったりだと思います」と絶賛していた。

 「日プロ大賞」は1992年にスタートした映画賞で、「評価が高いにもかかわらず、他の映画賞で受賞に至らなかった作品、さまざまな理由から興行面でいい結果が出せなかった作品」などにスポットを当てているのが特徴。今年で26回目で、授賞式には菅田さんのほか、「溺れるナイフ」「ちはやふる」(小泉徳宏監督)で新進女優賞を受賞した上白石萌音さん、「ディストラクション・ベイビーズ」で作品賞を受賞した真利子哲也監督、「FAKE」で監督賞を受賞した森達也監督らが登場した。

最終更新:4/14(金) 12:09
まんたんウェブ